FXで利益を生む為にすべき事

勝ち越しがそのまま利益には繋がらない

FXは他人との戦いと別項で書きましたが勝ち星の多さが利益に比例するとは限りません。
逆を言えば1勝でもしていれば負け越している人の方が実は利益が出ているなんてことも有り得るのです。
欲をかくと負けた際の損失もそれなりに大きくなりますから時には潔く負けを認める素直さが求められます。
この素直さを持ち合わせた人こそ負け越しても実は利益が出せている人になるのではないでしょうか。

人は負け続けるとやけくそになって暴走してしまいがちですがFXではこれをやってしまったが最後、つまりメンタルの強さも併せ持っている必要があるのです。

目的は決して勝つことではありません。
勝とうが負けようが利益を上げるということに尽きます。

誰かが売れば当然価値は下がる

FXは投資者同士のお金の取り合い、自分だけでなく他の投資者の思考まで読まなければなりません。

例えば投資後に評価額が下落、貴方は損失を極力減らす為、早めに売却、損切りをしたとしましょう。
売却すれば当然評価額は下がりますから更なる下落が見込まれます。
しかし他の投資者がこのちょっとした下落を好機と読んで貴方が売却した額以上に購入したらどうでしょう。
1対1の勝負ではないですから一概には言えませんが上のケースを単純に考えれば貴方が損切りをしたことによって評価額は高騰します。
つまり貴方は安い値段で売ってしまった一方で他の投資者は安い値段で買うことが出来たわけです。
仮にこのまま高騰が続けば貴方は大損ですし他の投資者は非常に美味しい思いを出来ます。

相手の動きを読んだ上で行動しない限りは毎回後手後手に回るハメになりますので貴方が損切りしようとした時、他の投資者はどうするだろうと想像することが重要となります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る